【レビュー】5時から9時まで

最近ネカフェに行くのがマイブームな@marronmodeです!
今日もお目当てのマンガを読みたくて、友達を引き連れて行ってきました(´∀`)
せっかくなので、レビュー記事でも書いてみます。

 
 
続きが気になって気になって仕方ない「進撃の巨人」の最新号(別マガ)をまずぱらぱらと。
別冊 少年マガジン 2013年 12月号 [雑誌]
相変わらず、このキャラは誰なのか・・・と絵でキャラの判断がつかない状態でしたけど、わたし的萌えシーンもあって(・∀・)ニヤニヤ
まだ見てない方!是非!!
 
 
そして、今回のお目当てが、普段少女マンガをあまり読まないわたしが唯一贔屓にしている相原実貴さんの「Cheese!」連載中の作品です。
 

5時から9時まで

5時から9時まで(1) (フラワーコミックス)

この作品、「東京版SEX AND THE CITY」と帯に書かれるように、男女の複雑な恋愛模様をあらわしたお話なんです。
 
主人公は海外生活に憧れる英会話スクールの非常勤講師の桜庭潤子(27)
祖母に強制的に見合いをさせられた相手がお坊さんの星川高嶺(29)で、その星川に好意をもたれた潤子は結婚の意思はないものの、勢いで体の関係を持ってしまったことで、
星川の潤子への想いはますます強くなり、二人の関係は衝突を繰り返しながら深まっていきます。
しかし潤子を想う男は彼だけではなく、潤子の大学時代の友人の三嶋、英会話スクールの生徒で女装壁があるがノーマル男子高生の由希ちゃん。
さらに潤子の同僚の毛利まさこ(22)は三嶋のことを想い、潤子と三嶋の仲を裂こうとしてきます。
そして、そのまさこの弱みを握って、まさこと関係をもつのが男子高生(由希ちゃんの友達で同じく英会話スクールの生徒)の蜂屋。
潤子の妹(寧々)は姉を想う由希ちゃんのことを好きになるし、なんかとにかくごっちゃごちゃw
とにかく、こんなに好きのベクトルが一方通行の作品も珍しいと思いますw

 
そして、わたしが一番好きなキャラが潤子の同僚の山淵百絵。
一見クールビューティだがBL好きの28歳処女!
仕事場ではツンツンしてるように見えるけど、ホントは口下手なだけで大好きなBL本を読んだり妄想すると顔がにやけるっていう残念な設定www
百絵ちゃんはBL好きなことと恋愛経験がないことをひた隠しにしてて、潤子から恋愛相談されてもドキドキしながら大人の女を装ってアドバイスするんですw
そこが可愛くて可愛くて(^ω^)

そんな百絵の秘密を知った同じく英会話講師のアーサー(23)が、黙っとくかわりにカモフラージュで彼女になるように頼むんですよ。
処女なのを隠すために大人の女性を演じ、アーサーの口説きにはのらない百絵と、全く動じない百絵に興味を持ちだんだん本気になっていくアーサー。
二人の関係性の変化が面白いです!

潤子は星川を振り回し、三嶋とも関係を持っちゃうし、性格はさっぱりしているものの優柔不断だなと思うところがあり、
まさこはまぁ女性から嫌われる典型的なタイプの女なので(だんだん女性として成長していくんですが)
百絵ちゃんが一番共感できるし、応援したくなる女性ですね。

現在7巻まで出ていますが、続きが気になります!
たぶんこれからもっと関係が複雑になっていくんだろうなぁ~
楽しみです!

相原先生の作品は昔からずっと読んでるんですけど、大好きな作品がいっぱいです(^ω^)
 

SO BAD!

SO BAD!(1) (フラワーコミックス)
これホントに面白いです!
ヒロインと3兄弟との四角関係恋愛ストーリー。
二男の美人ちゃんが大好きなんです!かっこいい!
 
 

ホットギミック

ホットギミック(1) (フラワーコミックス)
社宅が舞台のご近所恋愛ストーリー。
そこには血のつながりのない兄妹、親の不倫など結構ハードな内容が含まれる作品です。

 
 

先生のお気に入り!

先生のお気に入り! (フラワーコミックス)
女教師×男子高校生の危ない恋愛ストーリー。
年下男子の可愛さ満載ですw

相原先生の作品は結構内容がシビアなんですよねー。
単純明快な恋愛マンガじゃないので、そこが面白いんです!
20代の大人が読んでも楽しめる作品が多いです。
もしご興味ある方は是非読んでみてください♪

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です